法律を駆使する弁護士のスゴさ

普段意識する事は少ないのですが、私達の身近なところに「法律」というものがあるんだな、というのを実感する事があります。

Navigation
法律を駆使する弁護士のスゴさ

身近なところにある法律

普段意識する事は少ないのですが、私達の身近なところに「法律」というものがあるんだな、というのを実感する事があります。
例えば、私達が何気に利用するネットでの買い物。私達がフォームやメールで申し込んで、販売者サイドにその申し込みが到達し、販売者が承諾した時点で民法上の「契約」が成立するんだそうです。
その「法律」を商品として扱い、駆使するのが「法律家」なのかもしれません。私達の権利等を守ってくれる、とても大事な存在だと言えるでしょう。
もし私が法律家になれるとすれば、「行政書士」になりたいです。簡潔に言えば、私達の身近な存在で、「法律に関する書類、手続きの専門家」と言えます。
何故、行政書士になりたいか。それは、市民との距離が近く、身近な相談相手といった印象を受けるからです。トラブルが起きた時、行政書士の元に駆け込んでまずは適切なアドバイスを受ける。
そういった身近な存在、敷居を低くしようとされている点に、個人的には魅力を感じますね。
おすすめ情報
Copyright (C)2017法律を駆使する弁護士のスゴさ.All rights reserved.